« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月27日 (月)

リハビリフィッシング

今朝、久しぶりに浜に立ちルアーを投げました

メタジを投げるとまだ少し痛みimpactが走りますが

何とか釣りが出来るまでに回復しました

結果的にはズーボーでしたが釣りが出来ただけ

ヨシとしておきましょう。今朝は豊橋サーフでしたが

いつもは人の来ないポイントにも人が入るようになりました

ココももうダメですね。明日以降は田原サーフに行く事に

なりそうです

| | コメント (0)

2008年10月25日 (土)

もうちょっと!

もう10日近くも浜で釣ってないんですねぇ

オイラのガラスの腰は快方に向かっていますが、あと一歩

キャスティングは出来そうなんですが

ランディングをする体勢をとろうとすると、そのまま波打ちへ

ダイビングしそうです

幸いオイラが腰を痛めている間は、どのブログを見ても

大した釣果はあがっていない様なので、シーバスちゃんも

オイラの回復を待っているとポジティブに考える事にします

それまで待っててね

| | コメント (0)

2008年10月22日 (水)

ヤベェ!

今朝、目を覚ましたんですけど

ベッドから立ち上がれません

あ、携帯の目覚ましclockが鳴り始めましたnotes

だけど止めに行けません。そこにあるんですけど・・・

腰痛が激痛impactになってしまいました。歩けません

釣りどころか駐車場rvcarにまで辿り着けそうもない

シーバスめ!今日のところは勘弁してやるか

・・・って精一杯の強がりを書いてますが、もう限界です

キーボードも押したくなくなってきました

今日は安静にしてます

| | コメント (0)

2008年10月21日 (火)

明日出撃!

明日、久しぶりに浜に出ます

なんか釣れそうだよね~

ココ2回程ハゼ釣りに没頭してましたが

ベイトの心を掴んでrockきました

ベストコンディションで望むはずだったけど

今日、腰痛を再発sign03散歩runをして和らげようとしたけど

まだちょっとツライ

明日は砂浜一箇所でジーッとしてようかな

| | コメント (0)

2008年10月17日 (金)

相性ってあるよね

行ってきました、たっぷり朝練二日目

今朝も昨日のご近所サーフへ入ろうと思ってたんですが

デビル指令(ショップ)の「明日は○ー○マに集合だゴルァsign03

の命令に逆らえず、久々の田原サーフに入りました

4時頃現地に着くと既にデビル指令はいらっしゃいました

海を見るとウネリはあるが釣りは出来る程度なので早速開始

暗い内は良さげな場所を探してラン&ガンしますが

波足の長い場所が多いし、横流れも強い。今朝は厳しそう・・・

結局最初に入った所が無難と判断して夜明けを待ちます

明るくなる頃まではデビル指令と並んでキャストしてましたが

何かお考えがあったのか東の方へ旅立って行かれます

そして、悪魔の尻尾を生やして戻ってきました・・・ん?尻尾?

げっ!ニセボガに吊るしてシーバスを持ってきやがった

しかも結構いいサイズ。オイラのメジャーで65くらいはあった
Shop1017
顔にモザイクを入れても直ぐバレる

体型のデビル指令は只今バナナbanana

ダイエットに挑戦中。オイラに言わ

せれば、食べてやせるダイエット

なんてありえない、ましてやバナナ

って糖分ありすぎで効果ゼロじゃ

今朝は釣れん筈だったがショップにシバソを見せ付けられては

言い訳が出来ん、何とか釣らなくては・・・

sunお日様が昇った後、オイラにも待望のアタリがあったが

チーバソでした。そして終了間際にもfishゴゴンsign01』とヒット!!

おっ、デカくはないが結構引く・・・あれ?ジャンプしないし

波打ち際での抵抗感もない・・・まさか・・あっ、ゴロゴロした



_| ̄|○・・・今日イチの当たりはカマボコマンでした


低い
テンションはさらに下がりdown今日の朝錬は終了です

それにしてもショップはココでは良くシーバスを釣るな~

聞けば今まで釣ったシーバスの殆んどがココだとか

それにひきかえオイラときたらココでは殆んど釣れず

何百メートルも離れていない隣の浜ではめっちゃ釣れるのに

浜の相性ってあるのかなぁ、オイラはココでは釣れんので

今度デビル指令からの命令があったとしても

聞こえなかった事にしときます

















ちょっとオマケのコーナー

午後からは弟子1号を連れてハゼ釣りに行ってきました

先日、待望のキスを今年の厳しい表浜で12匹

釣ってきたと疑わしい事を言ってたので

今日はその成長upwardright振りshineを見ることにします

仕掛けはルアー用のロッドとリールでのチョイ投げ仕様

早速、第1投目・・・『ズボッsign01』  ( Д) ゚ ゚ 変わっとらん

遠くへの目線とは裏腹にオモリの落ちたのはやはり足元・・・

丸型オモリがセンベイ型になりそうな勢いだ

こんな軽いオモリを投げるのは初めて」と言い訳してるが

ま、確かにいつもの投げ釣り用の20号オモリとは勝手が

違うのは分かるがセンスの問題だな

で、釣りの方はハゼ釣りとしては少し厳しめで、数の方は

少し不満だったけど秋らしくグッドサイズが結構釣れました

弟子の釣りでの目的はオイラとは違って、あくまでも

食べる事restaurantにあるようで、初めて釣るハゼを嬉しそうに

持って帰りました

   

| | コメント (0)

2008年10月16日 (木)

予告すると外道?

行ってきました近所のサーフ。思った通り波も低くていい感じ

コレなら昨日立てた目標50アップヒラメ現実味を

帯びてきた

朝4時過ぎに駐車場に着くと先行者ナシ

みんなヒラメ狙いで明るくなってからが勝負と

思っているのかな

オイラも人のことは言えず、暗いうちはシーバス狙い

リップレスミノーを投げてみます・・・と一投目からライントラブル

発生でシステムの組みなおし・・・てる間に後からルアーマンが

ゾクゾク入ってくるのが見えます

次のキャストを始める頃には二人程に抜かされていきましたrun

さらにキス釣り師にまで行く手を阻まれます

しゃーない、ココで明るくなるまで粘るか・・・と思って止まった

場所は底の起伏はあるし手前は掘れてていい感じ

先行者はココを一投して他に行っちゃった。アホじゃのう

しかし、先行の甲斐もあってか波打ち際とテトラの間を

行ったり来たりしてる。「あんにゃろーゲットしやがったな」

こっちはカスリもしないのに

そこでリップレスミノーをやめてファルコンに交換

隣が釣れてるって事はルアーの選択を誤ってなければ

こっちにも来る筈だ!そして3投目に答えは出たfish『・・・』あれ?

軽い根掛かりのようにミノーの引き応えがなくなった

スイープに合わせると『ジーーーーーッ!』ダイワの弱っちい

ドラグが鳴きだした。『ザバザバザバッsign03』シーバスだ!

55センチ位かな?暗闇では小さく見える

寄せる事は容易に出来たが、手前の掘れのせいで

何度もシーバスの反撃punchを受ける。それでもようやく疲れた

みたいで波打ち際に横たわってきた魚体は結構いいサイズ
081016
ボコボコ砂浜で撮影したのでインチキっぽく見えるけど
68センチありました

70には届かなかったけど久々のスズキサイズで大満足

これで後はヒラメが釣れれば・・・と思ったんだけど

そうは問屋が卸してくれません

明るくなってからもメタルジグでビシビシ攻めましたが

当たりは来ず今日の朝錬は終了となりました

そう言えば、メタジでセイゴも食わずノーヒットは初めての事

デカシーバスも釣れる様になったし、青物も出なくなった

メタジも封印してナイロンラインで勝負する時期が来たようだ



しかし、オイラが予告や目標を立てると釣れて来るのは

外道ばかりというのは何故なんでしょう?

本命には殺気が伝わって、気の無い外道を引き寄せてる

って事なのかな。それでは、また明日も頑張ります

| | コメント (0)

2008年10月15日 (水)

明日、明後日

たっぷり朝練行ってきます

何処に入ろうかなぁ

夕方様子を見てきたけど、波は収まって濁りも取れそう

メタジを投げたらセイゴがきました

でも、このセイゴやたらと体高が高いんです

日曜日にも同じようなセイゴをゲットしました

両方とも白泡の中から食って来たんですが今までの

群れで食ってくるパターンとは違って1匹釣れてそれっきり

尾鰭の切れ込みも少なくてヒラセイゴかとも思ったんですが

背中は緑っぽいしなぁ・・・って良く考えたら本物のヒラスズキ

なんて見た事無かったわ。今度釣れたら写真撮っときます

明日はヒラメを釣りたいなぁ。目標は50オーバーとしときます

| | コメント (0)

2008年10月10日 (金)

お祭り後一発目は

お祭り後の腑抜け状態からやっと立ち直り

1週間ぶりに近所のサーフに入ります

釣りに行っていない間、ショップゲキシーからの

煽り写メがガンガン届く中、ひたすら我慢してきたので

釣れたら変な汁が出そうです

朝4時過ぎ、駐車場でラインシステムを組んでいると

隣に車が止まります。ルアーマンですが車から降りてくるなり

「おはようございます!」と挨拶された。もちろんオイラも

返したが挨拶って気持ちいい

ブスッとして我先に浜へ降りていく奴らが多い中

余裕があって良いじゃん。その彼と情報交換をしたところ

昨日はヒラメをゲットした模様

今日はオイラも狙ってみようかなヒ・ラ・メheart04

いつも平日はガラガラで釣り場の選び放題のこのサーフ

辺りが明るくなって見回すと、凄い人が並んでる

オイラは予め人の来ない所でやっていたので良かったけど

そろそろココもダメかもね

暗いうちはノーバイトだったが、明るくなってからは

ベイトも沢山居て・・・おっ!シーバスがキリモミジャンプしてる

鰆のようなフィッシュイーターも海面を割ってボイルしてる

隣の兄さんがボイルに向かって全速力でダッシュしてるが

ノーバイトのまま戻ってきた。可哀相に・・ご苦労様・・・smile

必死な隣の兄さんを見ながらジグを操っていると

目の前でもボイルが始まったがジグには乗ってこない

おっ!隣の兄さんが何か掛けたみたい。嬉しそうに浜へ

ずり揚げるとどうやらゴマサバのようで不満そうに

リリースしてました

オイラのジグにもソゲっぽいアタリが2回程あり

既に帰宅時間は過ぎてたけど、このボイルの中

何か掛けないと気がすまない

あきらめ半分でジグをカケアガリ向こうで揺らしていると

fishゴンゴン!』『ジィーーーツ!!』重い当たりの後に

ドラグが結構出てます。コレコレ!気持ちイイー!happy02

fishザバザバッ』エラ洗いしましたシーバス確定です
081010
久しぶりのシーバスは54センチ。結構体高ありました

やっぱり釣り味としてはヒラメなんかよりもシーバスの方が

数段上ですねぇ。サイズ的にはレギュラーだったけど

何回もドラグを引き出してくれて嬉しかったです

最後に蘇生&リリースして本日は納竿としました

それにしても、あのボイルの正体は何だったんだろう?

少し細長いようで海面を割って出る姿が目に焼きついた

もう少し時間に余裕があれば獲れたかも知れないが

絶対シーバスじゃないし・・・って食って来たのは

シーバスだけでしたけど

また初物をゲット出来るチャンスなのかも

次の釣行が楽しみになって来た

| | コメント (0)

2008年10月 8日 (水)

あとの祭り

10nen_2
去る10月4日の土曜日、祭礼の宵祭りとして

我が町、大清水煙友会の手筒花火奉納が行われました

この町の手筒花火は歴史も浅く、今年で10周年

その分伝統に縛られる事も無くみんなノビノビやってます

その一例として自由にデザイン出来る刺子半纏があります

Omote_2 Urasasiko

今年つくった刺子半纏オイラのデザインが採用されてます

なかなかイイでしょ!業者との詰めが甘かったのが心残り

だったけど、皆で並んだ所を眺めていると

何だかニヤケてきますね


午後五時からの神事も終わり、いよいよ始まります
Ote

3_3Yamap_2

Akiji_3

皆の雄姿を見て下さい。火の粉を浴びても微動だにしません

ま、きっと僕を始めドの集団なんでしょうね~

さあ、いよいよ自分の出番がやって来ました
Oira1
オイラもこの辺りは余裕で顔だって火花の方へ寄せられてます

Oira2
火の粉を浴びてニヤケてます。変態ですね

でも本当の心の中はドキドキheart02だったんです

去年までは花火屋さんから買った手筒で揚げていたんだけど

今年から自分でつくると言う事で、爆発しても自己責任

他所でやった炎の祭典でも何本か破裂impactしたって聞くし

無事にハネまで終わってくれるのを祈っていました

オマケにオイラの手筒の仕様は、細筒5斤のロングバージョン

なかなか終わって呉れません。何時までも炎が出ているので

ギャラリーから歓声が上がっていたらしいけど

こっちは顔が溶けそうなくらい熱かったので聞こえてません

ボーーン!!』やっとハネが抜けて今年の花火も

終わりです。やっぱ自分でつくる花火はまるで違う

とても同じ火薬を使っているとは思えないくらいの衝撃と

熱さ、初めて顔が炎から逃げました


手筒花火が終わった後は社務所でbeer打ち上げbottleが行われ

宵祭りを一緒に盛り上げてくれた消防団大清連

メンバー、高師から花火を教えてくれた日吉の客人と

お酒を汲み交わしました

いつもはお酒を殆んど飲まないオイラも今日は別人の様に

お酒を呑み、やっぱりヘロヘロになってしまいました
Enkai Enkai2

このメンバーで集まるのは今日でおしまい

終わってみると何だか虚しいような寂しいような

来年もみんな元気な姿で会えるといいね

| | コメント (0)

2008年10月 6日 (月)

投げ釣りって久しぶり

昨日まで町内のお祭りで、くたくたになるのは判っていたので

今日は完全休養日。ですが、釣りには行きます

表は激荒れの向かい風なのでルアーは無理と判断して

10年以上振りに投げ釣りに伊良湖まで行って来ました

ま、完全に弟子の影響ですね

最初は朝の東風を避けるために西の浜へ入ります

Photo
渥美火力発電所が後ろに控える西の浜

投げ釣り仕掛けを始める前に確認すると・・・やべぇ

リールのノブが回んねぇ。竿を見るとガイドの2つ目の

セラミックリングが飛んでステンレス剥き出しになってるし

釣りにならんかも・・・と一抹の不安がよぎるが

取りあえず無視して第1投・・・pisces『プルプルッ』おおっ!キタッ


_| ̄|○メゴチの3連星でした・・・

2投目こそ2連だったけど、その後は1投ごとに

3の倍数で増えていきます。このままではアホになりそう

だったので1時間程で移動する事にします
Photo_2
短時間でこの有様。型の良い物だけ天ぷら用にお持ち帰り

今日の隠れた本命はカレイだったんですが、メゴチがこんなに

いるようではまだまだ時期が早いのかもね

さて、昼飯を食べる頃にはすっかり西風に変わっていたので

風裏で濁りの少ない浜を探すと・・・ココでした
Photo_3
シーバスでも有名な石門の浜です


先客が居たので状況を聞いてみると、黙って首を振るだけで

釣れてない様子。暫らくして帰っていきました

今は潮の動いてない時間だから釣れてないんだろうと

覚悟を決めて始めると、一投目からfish『プルルッ』
Hedai
ヘダイとゴンズイの2連で来ました

これはヘダイ祭りの幕開けかと思われたが

コレっきり当たりは来ず、フグちゃんの猛攻に変わります

2つのエサ(青イソメと石ゴカイ)を買って行ったけど

はフグに大人気だったので石ゴカイで勝負をしていると

やっと食ってくれました
Kiss
20センチ弱だけど自分的にはまあまあサイズ

1匹しか釣れなかったのが不満だけど、絶不調の表浜から

すれば釣れただけマシという事かもね

未だ1匹もキスを釣っていない弟子に『お先に釣れちゃった』

と写メールを送ると『まじcryingどいいweep』と珍しく速攻で

返事が返ってきました



ワケ
あり今回の投げ釣り編、初めは気乗りしてなかったけど

エサや仕掛けを買って西の浜で釣りを始める頃には

ドキドキheart02ワクワクしてきて釣りの原点に返ってきた感じ

やっぱ自然相手の勝負は本当に面白い!

| | コメント (0)

2008年10月 3日 (金)

釣れ過ぎだが頼りすぎ

行って来ました近所のサーフ

高潮気味で波waveも少し高め、ちょっと釣りにくい

暗いうちはランガンしながらミノーで攻めるが反応薄く

釣り場所の選択をミスったかと後悔するも歩きすぎて

もう移動は不可能。明るくなってからのメタルジグに賭ける

最近はメタルジグに頼り過ぎだ。ナイロンラインを使っていたら

こんな事にはならなかったろう

さて、今朝の本命shine青物です。ここに来てサイズも良くなって

ハマチサイズが釣れる様になるのを期待したいところ

明るくなって最初に来たのは、いつもサイズのシーバスでした

08100343cm
43センチと何とかフッコサイズをゲット

その後も、釣り戻ってくる所でいつものセイゴ祭りが始まります

08100335cm Ca3b0007

だんだんサイズが小さくなってうんざりしていると

081003mekki
メッキが当たってきたりと ワンクッションくれました

今日は浅い所を攻めてるし、本命は難しいかな?と

諦めていた所fish『コンコン!』・・・本当はセイゴのスレだと

思っていたんです

Cm
終了直前でのゲットは34センチとアブちゃんにしてはいいサイズ

本命も釣れたところで潔く納竿としました

メタルジグは強いですね。結果も出るのでつい使ってしまいます

この記事を作成中に気付いたんですが、最近アップした写真が

みんな似たような魚ばかりで、下手すると使いまわしてるんじゃ

ないかと自分でも疑いたくなるような釣果写真になっていますが

違いますよ(笑

これも殆んどがメタルジグでの釣果のせいでもあるようです

ブログコンセプトにも沿わないし、青物が釣れなくなったら

当分の間封印keyです。ナイロンラインにも戻したいしね

早くデカシーバス釣れるようにならないかなぁ

| | コメント (0)

2008年10月 2日 (木)

舌の根の乾かぬうちに

やっぱり明日行って来ます

お祭り準備の隙間です。釣れるといいな

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »