« ツィッター並みに | トップページ | 今日の一夜干し »

2010年5月18日 (火)

土用波が来る前に

今朝も行って来ました田原サーフ

いつもながらサッパリ釣れないねぇ

今日の波waveは物凄く穏やかで

もう少し濁りが取れていたら

マゴチでもアタックしてきそうな海は

もう直ぐやってくる梅雨前線によるウネリ

いわゆる土用の波が来てないので

投げ釣りをするにも絶好の日和なのだ

今日は午後から暇も出来たので

久し振りにエサ釣りにチャレンジです


先ずは化石海岸で浜の様子を見ると

やはり100メートル向こう辺りに州が出来ていて

釣り師は州を避けるように釣り座を構えているので

オイラが入る余地はなさそうだ

もう少し西の浜へ降りてみると

ちょうど、竿仕舞いしているおじさんがいたので

聞いてみると、40匹くらい釣れたとの事

今日はここに決定sign01

もう、三時間くらいしか釣りが出来ないから

20匹も釣れたら御の字だろう


早速イソメを付けて第一投すると

fishココッ!』明らかにキスのアタリだったが

魚が小さいのか食いが渋いのか、針掛かりせず

針にもまだエサが残っていた

今度は早合わせをせずにゆっくりサビいてくると
100518_142101
15センチ弱のキスが釣れて来ました

この調子なら入れ食いモードに入るかと思ったけど

今日の干潮が3時だったので、もう一匹釣ったところで

アタリもなくなった。やはり20匹はムリみたい

結局、少し粘るも釣果は伸びず8匹止まりとなった
100518kiss_2
13~16センチの中、微カル一匹でした

(・ε・)ムー微妙な釣果・・・せめてツ抜けしたかった

ま、明日のオカズの足しにはなるでしょう

オイラもたまには食べるための釣りをするんです

|

« ツィッター並みに | トップページ | 今日の一夜干し »

ちょい投げ」カテゴリの記事

コメント

6月の鱚は「絵に描いたものでも食え」と言われるほど美味しくなると言われています。

定番は天ぷらですが、昆布〆で刺身も逸品ですよ。

1)キスは水洗いし、ウロコ、エラ、ワタを取り、大名おろしにします。
「大名おろし」したら皮を剥き、腹骨を切り取り、血合いの小骨を抜きます。

2)幅広の昆布にはさんで昆布締めします。
昆布の表面を酢で軽く湿らせた布巾でサッと拭きます。
昆布の上にキスを並べます。
上にも酢で表面を拭いた昆布を被せます。
上に重石代わりの皿を乗せ、冷蔵庫で15分~30分くらい締めます。
キスは身が薄いので短時間で締まります。
あまり長時間締めると身の水分を取られすぎて固くなり、昆布の香りが強くなりすぎます。(酢の物にすればいいだけですけどね)

投稿: かおす | 2010年5月19日 (水) 07時51分

>>かおすさん

おお!昆布〆ですか~♪美味そうですね^^
レシピの方も詳しく書いて頂きありがとうございます

去年は釣りたくても表浜にはいなかったキスが
今年は結構釣れてるみたいだったので
オイラもつい「釣れる釣り」をしてしまいました(笑
サイズ的にはまだ小さくて、刺身にするにはカワイそうな魚が多かったので
今度はもう少し早い時間から沢山釣って
大きいのを選んで刺身&昆布〆で味わいたいと思います

投稿: 親方 | 2010年5月19日 (水) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1032487/34759972

この記事へのトラックバック一覧です: 土用波が来る前に:

« ツィッター並みに | トップページ | 今日の一夜干し »