« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

コウイカ

コウイカ釣れてた

・・・オイラ以外 _| ̄|○

明日リベンジだ!

|彡サッ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

目は覚めたけど

春は来て、ようやく冬眠から目覚めてみると

世の中は東北沖地震福島の原発の問題があまりにも大きく

のん気に釣りに行って来るとはなかなか言い出し辛い状況です


コチラには影響が少ないと思われていたけど

仕事はあっても材料がなくなって、開店休業に追い込まれる

企業も少なくないようで

つくづく世の中は丸く出来ている事を実感します


ま、テレビばっかり見てても気の重くなるような話題が多いので

そろそろ釣りに行きますよ


歌手の松山千春が言ってました『知恵がある奴は知恵を出そう

力がある奴は力をだそう、金がある奴は金を出そう、

自分は何にも出せないよっ・・・ていう奴は元気出せ!

その通りなのだ。何もせず、じっとしていても

何も生まれないよ?

オイラに出来る事は普通に生活して、普通に消費をして

経済を少しでも動かす

元気な地域まで自粛ばっかりしてたら

負のスパイラルに陥ってしまう

せめて元気よく活動して東日本の分もカバーする事が

被災地ではない人の役割だと思います



魚釣りには行きますが、少しの間

浮かれた釣果報告は控える事にします


一日も早く普段通りの生活が出来るようになるといいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

レアニウムDHにしてみた

今日から3月

気温は高くなってきたけど

表浜はまだsnow

本格的に目覚める前にやりたい事があって

それは、昨年末に買ったレアニウムのダブルハンドル

Rarenium
レアニウムユーザーが悩むのはカスタムしたくても

カスタムメーカーからの商品供給がなく

シマノの直轄、夢屋でさえほとんどない

もちろんオイラのレアニウム4000も例外なく

シマノから互換性があるパーツの公開はしてくれない

誰かがやってるのを見るしかないのだ



オイラがシマノのリールをダブルハンドルにするのは

今に始まった事ではなく

10年以上前のアルテグラ4000に始まって

去年まで使っていた02バイオマスター4000もそうなのだ

ちなみに、今までのカタログに4000番に合うハンドルは

メーカーから公表されていなかった

いつも使う2500番のハンドルは3000番までとされているが

4000番でもベストマッチなのだ

ま、それも5年以上前のリールの話で

今はリールの仕様もずいぶん変わってきてるし

互換性があるとは限らない


ネットで調べてみると、やってるやってる!

だけど、みんな同じ番数のリールを弄ってる

4000番台をダブルハンドルにしてるヤツはいなかった

こりゃ、オイラがやるしかないのか・・・

バイオやツインパのハンドルの差込みネジが

画像を見る限り一緒←(いい加減)なので、一か八かで

やってみた

Yumeya
買ってきたのは、夢屋の
08バイオマスター用2500DH

もちろん、いつものように対応機種は3000まで

帰り道に差込みネジの径を見ると、何だか細い気がする・・・


早速帰って取り付けてみた『クルクルクル・・・』

お!ネジの径は一緒のようだ。後は不具合なく締まってくれれば

Rareniumdh
ジャーン!問題なく付きましたワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

2000番辺りではスカート交換やワッシャの入れ替えなど

いろいろ手間が掛かったようだけど、コチラはまさにボルトオン

4000番は差込みネジの長さが少し足らないような気がしたので

ワッシャを残して座金を外して少しでもネジが掛かるように

しておきました

また、スカート一体のカラーが少し長く、根元に隙間ができるけど

気になるほどではないですね

後はスカートの色をレアニウムに合わせれば純正品と言っても

過言ではないでしょう


ハンドルを回してみれば、さすがにダブルハンドル!

スムーズに回転しています。と言うか

ルアーに使うスピニングが何故標準でダブルハンドルじゃ

ないのか?オイラには理解できん(・ε・)?

スピニングリールというのは不完全なリールなのだ

何処を切ってもシンメトリーな部分は少ない

キカイダーのようなリール

シングルハンドルを回しながら手を離せばブルブル振れるから

バランスが悪いのは誰にでも解る

せめてメーカーは黙ってダブルハンドルを純正品で

出してもらいたい

いつもドキドキheart02しながら交換する身にもなって欲しいものだ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »