« 2016年1月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年5月

2016年5月17日 (火)

サワラ食べたい

先週の金曜日の事

煙友会釣り倶楽部の本年度、第一回定例会が突然開かれまして
ま、ただ釣りの話で飲みたいだけなんですが happy02

その中で○塚君が、月曜日天気が良かったら只今絶好調の
サワラを釣りに行きたいって言い出しまして
オイラも来週暇だでって言ったら
「船の予約取るから行きましょう!」って事になり

またもや今回もオフショアジギングのお話しです!


何故かこの時期サワラが伊勢湾口に溜まってるみたいで
ここらの舟屋も連日サワラの釣果が凄い!おまけにデカい!
魚辺に春と書いて鰆なんですから
今が旬って言いたい所なんだけど
美味しい時期は冬の終わりの春までなんだよね~

だけど、この前せっかく掛けたサワラをランディングミスで
逃がしたんで、自分で釣ったサワラを食べたい!

って事で、今回の舟屋は○塚君が前にも乗った事のある
南知多から出ている『レオン』さん
ホームページを見ると前日も船中40本以上のサワラが
揚がってるんで期待ができる


伊良湖の港まで迎えに来てくれるんで
赤羽根港から出るよりも、あっと言う間にポイントに着くのも早い
10分もしないうちに『はい、どうぞ!』やべっ、用意が間に合わん

みんなと少し遅れて投入開始!水深35m程度の浅場で
戸惑うが、2回目のフォールの着底付近でfish『ゴゴッ!』
『ビシッ!』っと合わせると共に『何か来たよ!』と知らせる
引きは強くない、スルスルと寄ってくる
水面で少し暴れるけど、難なくランディング成功!
Photo
本命のサワラ(σ・∀・)σゲッツ!!
最初の流しから食って来るなんて幸先イイね!
そして、左隣の常連っぽい兄ちゃんもスグにサワラを揚げる
こりゃ、クーラー満タンになったらどうしよう・・・なんて事
考えていると、サワラの食いが止まる
気が付けば右舷の連中、みんなジグのカラーが一緒になってる
コイツら侮れん

アタリも無くなってきたんでジグのカラーをシルバーにチェンジ!
着底させて3回シャクってフォール!fish『ガガッ!』『ビシッ!』
カラーチェンジが上手くいったのか魚が乗る

少し締め込みが強かったんで大型を期待したけど
サイズは一緒くらい
Photo_2
2本目(σ・∀・)σゲッツ!!両方とも70ちょいってところかな

この時点で9時前、そろそろ潮止まりで前半終了って感じ
Photo_3
今回誘ってくれた○塚君だが
この時点でお魚からのコンタクトはなく
ルアーボックスを見て悩んでいるように見える

上りの潮が来ればと思っていたが
東の風が段々強くなっていく
Photo_5
船長も深場のポイントを目指して走らせてみるが
風も波も大きくて、オマケに反応も無さそうで
早々と浅場に戻って来た

浅場に戻っては来たものの、ポツリポツリと揚がるだけで
船内はまったりモードになっちゃった

オイラもジグに見切りを付けて鯛ラバを落としてみると
ちょいちょい反応がある・・・
一度、砂物っぽい魚が乗ったけど、すぐにフックアウト!
遂には鯛ラバにも反応が無くなったんで
ジグに戻してみたけれど、沖上がりの時間が
来てしまいました
Photo_6
またまた伊良湖港まであっと言う間で、反省してる時間もない
伊良湖から出る舟屋があれば、いつでも飛び込みで行けて
便利なのにね


さて、前日とはあまりにも掛け離れた釣果に
○塚君も『やっちまった!』と反省しきり
『前の日が良かった後はこうだよね~』とか
慰めの言葉も思い浮かばなかったんで
オイラのサワラを一本あげちゃいました!

オイラ的には早い勝負の波に乗れて結果も出せまして
お土産も釣る事が出来ました

帰って早速捌いてみたらデッカイ白子が入ってて
直ぐにでも産卵に行けそうな様子でした
心配した身の方も一晩置いたら(゚д゚)ウマーでしたよ

サワラって捌きやすいし調理も楽だしオマケに旨いし
釣ってもハラハラして面白いし、言う事ないね
また、サワラ釣りに行きたいな~と思うオイラでしたhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

サボりにサボってこの頃なオイラ

実に久しぶりの更新で
このままフェードアウトしそうな雰囲気でしたが
やっとお暇になってきたんで
ここらでゴールデンウイークのお休みの様子でも・・・

と、言っても仕事の都合で連休は日と日の2日だけでしたweep



Photo
先ずは4日、いつものように行先も決めない弾丸ツーリングに
なるかと思ったんだけど、弾丸小僧が欠席だったんで
まったり道の駅ツーリングになりまして
『鳳来三河三石』→『アグリステーションなぐら』→『茶臼山』→
『信州平谷』→『もっくる新城』と、こんな感じ

朝方まで雨が降ってたんで、道路コンディションが心配だったんだけど
強い風のおかげで濡れてる場所は少なくて
気持ちイイ走りができました

Photo_2
Dsc02710
茶臼山には秋にも走ったんだけど
オイラ的には紅葉のシーズンよりも新緑の茶臼山の方が
綺麗に見えました



で、いつもはこのメンツではお昼も食べずに走り続ける
んだけど

Photo_5
せっかく食事施設の整った『信州平谷』に来たんで
馬刺し・・・いえ、そんな高級な物は食べません!

みんなは名物っぽいソースかつ丼とか食べてたんだけど
オイラはしょっちゅうこの辺には来るんで
普通にカツカレー食べときました

 

で、まったり帰るのかと思ったら先導のベー君が
狂ったように走り出して
いつもの様な楽しいbearing?ツーリングになっちゃいました

 

で、5日は朝5時に赤羽根港集合で伊良湖方面にジギングでした
55
今年はまだサーフに行ってませんが、船には数回乗ってまして
4月30日にもサバ狙いで行ったものの、まさかのノーバイト!
今回の狙いはサバじゃないけどリベンジ釣行です

 

Photo_6
いつもの宗好丸にメンバーもほとんど同じ大清水町民なんで
ワイワイやってると伊勢湾口に到着します

 

Photo_7
さすがに連休中だけあって船もたくさん同じポイント目指して
走って行きます
ただ、伊勢湾で有名な舟屋どころは、サバのお土産確保を
目指していたのか、此処には居ませんでしたね

鬼の居ぬ間に真鯛を釣っちゃいましょう♪


ポイントに付けて直ぐに茂木君に真鯛が乗るも惜しくもバラし!
鯛ラバのフックが折れていたそうで
デカ真鯛だったんでしょうか?オイラもフックを折ってくれるような
真鯛を掛けてみたいね~

次の流しではヨシ君の竿が曲がる!塩焼きサイズの真鯛ゲッツ!

さらに次の流しで、尾原君も今日一の真鯛を掛ける!
長いスランプを脱出して嬉しそうだ happy01

オイラと言えば,根掛かりの連発で、お魚さんのアタリはない
潮も止まって、鯛の食い気も無くなったようで
ちょっと三重県方面で暇つぶしに行ってみるが
思った以上に風が強くて早々と引き上げてくる


ろくなアタリも魚探の反応もないまま引き返してくると
ベイトの反応バリバリの場所に出る
もう3時も回ってるし、ココが最後のチャンスゾーンだろう
青物の反応があるようだけど、オイラの頭には真鯛しかないんで
みんながメタルジグをシャクる中でオイラは鯛ラバを
黙々と巻く・・・『ガッ!』…根掛かりだ! _| ̄|○チッキショー !!


揺れる船の上でリーダーを結び直して
再投入するのも疲れた頃・・・fish『カカッ!』『グーーッ!』と
ロッドティップが海中に引き込まれる
鯛ラバは合わせを入れないようになんて言われているけど
合わせないでバレるなんて真っ平ゴメンなんで
思いっきり『ビシッ!』っと鬼合わせをする!
fish『ジーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!』
緩く設定したつもりもないドラグが止まらない
指ドラグも利用してファーストランを止めたけど
真鯛特有の竿を叩く引きがないし、鰆ならもう少し素直に
寄ってくるハズだし・・・青物かなぁ?

勘が外れて大真鯛だと嬉しいんだけど・・・あ、リーダーが・・・
いい加減に結んでたんでスッポ抜けないかちょっと心配!

「あ、何か黒いよ!」タモを持ってくれる二村君が魚を確認する
真鯛の可能性は消えちゃったけど、無事にお魚ネットイン!

 

Photo_8
70ワラサ(σ・∀・)σゲッツ!! 

厳しい戦いで、連続ボウズ食らうとこだったけど
とりあえずリベンジ成功!って事で
最後まで折れない心が大事だって教えてくれました


何だか連休って言っても体的には全然休めてなかったな~
余計に疲れた感じで
でも、気持ちの充実したゴールデンウイークでした!



今年はコウイカも狙いに行けなかったし、浜も覗けてないし
もうすぐ仕事も一段落するんで、ボチボチ始めます

ま、そんなに頻繁に更新はしませんが
タマには見に来て下さいね~coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年9月 »